ANA陸&空マイラーのSFCメンバーへの道

陸と空からANAスーパーフライヤーズを目指す! マイル、ポイントやひこうきなど

クレジットカード紹介その4 ANAアメリカン・エキスプレス・カード

こんにちは、ほしとです。今回は私の持っているクレジットカード紹介の第4弾、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの紹介です。
アメックスと聞くと、かなり審査が厳しいんじゃないかというイメージがありますが、意外と最近はそうでもないようです。このANAアメリカン・エキスプレス・カードはどんなカードで、どのようなメリットがあるのか?ご紹介していきたいと思います。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

さて、穏やかな書き出しでしたが、ここからはかなり辛口にいきたいと思います(笑)
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの概要は以下の通りです。

年会費 移行手数料 交換レート 継続ボーナスマイル
7000円税抜 6000円税抜 100円=1ポイント=1マイル 1000マイル


ご覧の通り、年会費が高い!その上、移行手数料として6000円も取られるということで、あまりお金をかけたくない人には向いていません。ただ、この移行手数料は毎年払う必要はなく、移行したい時にポイント移行コースに登録すればいいので、通常は3年に一度ほどの支払いで済みます。なぜ3年なのかと言うと、ポイントの有効期限が最大で3年だからです。


ひとつ気をつけたいのは、VISAやJCBと違って、アメックスの場合は実際にポイントからマイルへの移行がなくても、コースに登録した時点で6000円かかってくるというところ。そもそも、ポイント移行コースに登録しない限りマイルへの交換はできないので、どちらにしても3年に一度は登録せざるを得ないですが、実は、ポイント移行コースに登録中は、ポイントの有効期限が無期限になるんですね。そのため、マイルへ移行するためだけではなく、有効期限を延ばすために登録することもできるわけで、3年に一度6000円払うだけで、実質ポイントの有効期限がなくなるということです。
ただし、コースへの登録は自動更新なので、うっかり解除を忘れると、毎年6000円取られ続けることになります・・・。


あと、VISA、JCBと違って、5マイルコースというものは存在しないので、1円も払わず1マイルももらわないか、6000円払ってマイルに交換するかの2択です。


100円で1ポイントとなっていますが、これは1決済あたりの金額の話なので、極端な話、99円の買い物を100万回しても、1ポイントにもなりません!アメックスは、100円で1ポイントだからお得!って宣伝していますが、気をつけて利用しないとかなり損をすると思いますので、小さな金額で何度も使うよりも、大きな金額で使う方がいいかもしれませんね。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを持つメリットは?

では、このアメックスANAカードですが、どんなメリットがあるのか?はっきり申し上げて、ほとんどありません(笑)。具体的なメリットで言うと、ANAグループ利用時(ANA航空券購入時など)にポイントが2倍が貯まるので、他のカードよりもその点ではマイルを貯めやすくはなりますが、我々陸マイラーにとってはほとんど関係ない話です。年間、かなりの金額をANA航空券購入に使う方だと、このボーナスマイルも大きいとは思いますが、年間数回しか飛行機に乗らない人だと、ほとんどメリットはないでしょう。


他のメリットとしては、アメックスの会員サイトから旅行の予約ができる「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」と言うのがあるんですが、ここから旅行の予約をすると、ホテル・レンタカーの予約分(ここがケチなところです)は、ポイントが2倍貯まります。そのほか、2000ポイントや3000ポイント程度のボーナスポイントが貯まるキャンペーンも頻繁にやっているので、これもねらい目ですね。


ちなみに、航空券とホテルのパッケージを申し込んだ場合、航空券分は通常ポイントで、ホテル代分がポイント2倍の対象になります。最近は各ポイントサイトからのツアー予約でもかなりポイントが貯まるので、あまり大きなメリットではないかもしれませんが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを持っているのであれば、積極的に使ってみるといいと思います。


アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインからの予約だと、航空会社によっては座席指定はできませんが(各航空会社のWEBサイトからできる場合もあります)、メールで問い合わせ窓口にお願いすれば、希望は聞いてくれます。私の場合、座席番号まで指定してお願いしてみたところ、すでに埋まっているところを除いて希望は聞いていただけました。このあたりはさすがだなと思います。


ポイント以外のメリットとしては、空港のラウンジが使える点でしょう。いわゆるカードラウンジが無料で使えます。サービスとしては、無料で飲み物が飲めたり、携帯電話の充電ができたり、新聞や雑誌を読みながら出発前や到着後にくつろげるといったものです。他のブランドのカードだと、ふつうはゴールドカード以上で付帯される特典ですが、アメックスでは通常カードでも利用できます!まあ、年会費を考えるとこれくらいのメリットがないと使ってられないですが(笑)


ひとつ大きなポイントとしては、このラウンジ利用、VISAなどのゴールドカードではカード保有者のみ利用可能ですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードはカード保有者と同行者1名まで利用できます!これは結構大きな違いで、例えば、ゴールドカードの場合、家族カードがあれば、同行するカード保有者の家族も無料で利用できますが、カードを持っていない友人等は利用できません。ところがANAアメリカン・エキスプレス・カードの場合、カード保有者+1名なので、一緒に旅行する友人でも、極端な話、見ず知らずの他人でも、一緒に利用可能です。友達との2人旅行であれば、2人そろって利用できるので、家族以外の人と旅行する機会が多い人には大きなメリットになるんじゃないでしょうか。
ひとつ気をつけていただきたいのは、利用できるのは当日の有効な航空券を持っている人だということ。つまり、送り迎えの時には利用できません。カード保有者でも同行者でも同様です。ラウンジ利用できるのは、飛行機に乗る時だけだと思ってください。


メリットをいくつか書きましたが、これくらいでしょう(笑)他には、手に入りにくいコンサートなどのチケットがアメックス会員向けに用意されていたり、といったこともありますが、マイルには関係ないので、今回は無視します。
結局、ポイントを貯めるうえではあまりメリットはないということになりますね。では、何のためにANAアメリカン・エキスプレス・カードを持つのか。それは、入会特典でマイルを貯めるためです。

狙い目は入会時のキャンペーン!

個人的に、必要でないカードを入会特典のポイントのために申し込むというのはあまり好きではないのですが(このブログの趣旨は、あくまで地道にポイントを貯めることですから)、ANAアメリカン・エキスプレス・カードはとんでもなくたくさんのマイルやポイントが貯まる入会キャンペーンを行っていることがあるので、興味がある人は狙ってみるのもいいと思います。


その際気をつけていただきたいのは、入会ルートによって、入会特典が全く違うということです。この点が他のカード会社と大きく違うところで、VISAやJCBでも、申し込み方法によって特典が違う場合がありますが、WEBからキャンペーンに申し込むことで同じ特典が受けられることがほとんどです。ところが、アメックスの場合、入会ルートによってかなり特典が違います。間違っても空港のカウンターやアメックスの公式サイトからは申し込まないでください!ネット検索で出てくる怪しげなサイトからの申し込みの方が、何倍も多くのマイルをもらえます。

クレジットカード会社としての姿勢に疑問が…

私の場合、特にアメックスを持ちたいとも思っていなかったのですが、空港の申し込みカウンターで勧められて、「前から興味もあったし、せっかくだから申し込もう」と考えて申し込んだんです。ところが、その後ネットでいろいろ調べて、入会したことを本気で後悔しました。ネットからの申し込みのほうが、明らかに入会特典がよかったんですね。


クレジットカード会社は、文字通り信用が最も大切だと思うので、申し込み方法によってかなりの差をつけるやり方に不信感を抱き、アメックスにどういう考えでそのようなことを行っているのか問い合わせてみたところ、かなり不誠実な対応で、驚きました。素直に、不信感を抱かせたことを詫びつつ上手いこと言いくるめればいい所を、「アメリカン・エキスプレスは会員様の扱いに差をつけるようなことはありません」なんてわけのわからないことを言っていました。かなり不愉快でしたね。申し込み方法によって入会特典にかなり差をつけておいて、どの口がそんなことを言っているのかとあきれましたね。あくまで私が特典の少ない方法を「自ら選択」して申し込んだらしいです。


何が一番腹立つって、アメックス公式サイトや、空港での勧誘など、最もお金のかからないルートで入った人(別の言い方をすると、アメックスに魅力を感じた人)の扱いを一番ひどくし、アフィリエイトで儲けることしか考えていない人間が作っているサイトからの、(ほとんど)ポイント獲得しか目的でない人間を優遇するところです。なんでこんなことがアメックスはわからないのか?こんな手を使わないといけないほど、新規入会者獲得に苦労しているんだろうなと思います。


結果的には、アメックスに入会したおかげで、かなり高額のクレジット利用ができ、助かった面もありますし、先ほど書いた、ツアー申込時の座席指定のお願いの際の対応も素晴らしかったので、入会ルートによる差別的な扱いが非常に残念です。特に、他のカード会社ならともかく、天下のアメックスですよ!?非常にステータスの高いカードだと思っていただけに、アメックスブランドも地に墜ちたもんだなと感じます。もっとも、私のような、全くステータスも何にもない人間が簡単に入れる時点で、現在のアメックスはそういうカードだってことなんですけどね(笑)。ゴールドカードに替えませんか?ってお手紙がしょっちゅう来ます。


ちなみに、ネットで調べると、アメックスは退会する人にもかなり強引な引き止めを行うようで、それが真実だとすると、ふつうに入ってそのまま継続利用するのがバカバカしくなります。それでも「会員様の扱いに差はつけません!」なんて言うんでしょうかね。


最近も、入会特典で大盤振る舞いしすぎて、結局ポイントを払えないことになりお詫び、なんていう不祥事がありましたが、入会さえさせればそれでいいという姿勢を続けている限り、今後もサービスの向上は期待できないように思います。

まとめ

かなり辛口に書いてきましたが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードをまとめると…
1. かなりお得な入会キャンペーンがある(普通に入会するとかなり損!)
2. 持っていても、ポイントという観点ではあまりメリットなし
3. 空港ラウンジ利用できるため、飛行機に乗る機会が多い人にはお得
4. 信用を商売とする会社の割には信用できない!


結局のところ、なんでも信用が大事だなと思います。私もアメックスに入ってよかった!って思える時もないことはないですよ。飛行機の座席指定の時の対応もよかったですし、このカードがなかったら高額の買い物もできなかったかもしれないですし。でも、最初が残念すぎました。第一印象が悪かったとしても、挽回するチャンスはいくらでもあるとは思いますが、あまりにも持っているメリットが少なすぎると思います。


ポイントの貯まりづらさを考えると、メインカードにはしにくいですし、サブカードとして持つのには年会費が高すぎる。扱いの難しいカードだと思います。ただ、ANAをよく利用するのであれば、航空券購入のボーナスポイントも見逃せないと思いますし、ラウンジが使えるのもメリットだと思います。そのような方には向いているのではないでしょうか。
個人的には、会員向けのサービスを向上しようとする姿勢が見えれば、今後も保有していこうかなと思いますが、今のままだとどうでしょう。なんか、乗り換えする人ばっかり優遇して、現利用者を虐げる携帯電話会社みたいですね(笑)

Gポイント