読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA陸&空マイラーのSFCメンバーへの道

陸と空からANAスーパーフライヤーズを目指す! マイル、ポイントやひこうきなど

クレジットカード紹介その5 ANA VISAワイドゴールドカード

こんにちは、ほしとです。今回は、私が先日一般カードから切り替えたばかりの、ANA VISAワイドゴールドカードを紹介します。


基本的には、以前紹介したANA VISAカードのゴールドカード版です。ゴールドカードなんて私にはちょっと…、って思う方もいらっしゃるかもしれません。実際、年会費は一般カードに比べてかなり高いです。割引適用がなければ14000円(税抜)ですからね。でも、マイルを貯めるという観点で言うと、メリットも多いため、持っていて損はないです。むしろ、持っていた方がいいカードです!ANA VISA一般カードとの違いを中心に、ANA VISAワイドゴールドカードの魅力をお伝えします。


今回紹介するANA VISAワイドゴールドカードのメリットを理解する前提として、以前紹介したANA VISAカード(一般)がどういうカードか知っておく必要があるので、ご存じない方はまずそちらをご覧ください。

ANA VISAワイドゴールドカードの概要


さて、ANA VISAワイドゴールドカードですが、概要は以下のとおりです。

年会費(各種割引適用時) 移行手数料 交換レート 継続時ボーナスマイル
9500円税抜 0円! 1000円=1ポイント=10マイル 2000マイル


いくつか気になる点があると思いますが、まずは年会費について。
各種割引ってなんぞや?という話ですが、ひとつは、ANA VISA一般カードと同じく、マイ・ペイすリボへの登録&手数料発生で、これだけで3500円安くなります。もうひとつが、このANA VISAワイドゴールドカードだけの特典で、カードご利用代金WEB明細書サービスへの申し込み。簡単に言うと、カード明細を郵送する代わりにWEBで見てね、そのかわり年会費安くするから、ということですね。正確に言うと、ANA VISA一般カードを含め他のカードでも、WEB明細書サービスへの申し込みで割引はあるんですが、マイ・ペイすリボへの登録の方が割引が大きいので、私たち陸マイラーにはほとんど関係ないんです。

ところが、このワイドゴールドカードだけは、WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボの割引を合算することができて、WEB明細書サービスが1000円、マイ・ペイすリボが3500円の計4500円引きということになるわけです。
あと、継続時のボーナスマイルも一般カードの倍になります。

高い年会費を払ってでもゴールドカードを持つ理由は?

マイル移行手数料が無料!ポイントの有効期限も3年へ!

とはいえ、9500円はまだ高い!と思うでしょ?ほとんど1万円ですからね。できることであれば、極力少ない投資で大きく(マイルを)回収したいのが人情というものです。そこで注目なのが移行手数料の部分ですね。見てください。0円です、0円!つまり、一般カードを持っていた時はマイルに交換したくても手数料を気にして隔年でしか交換できなかったのに、ANA VISAワイドゴールドカードだったら好きな時に交換し放題!突然思い立って旅行しようと思ったのに、マイルが足りない!なんてときにも、無料で交換できるのは非常にお得だと思います。


さらに、ポイントの有効期限も、一般カードは2年でしたが、ワイドゴールドカードは3年間なので、マイルの有効期限も実質的に伸びることになります。これで今まで手が届かなかったようなマイル数の特典航空券にも手が届きやすくなって、ビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行も夢じゃないですね。まあ、それは大袈裟ですが(笑)、使い勝手がよくなるのは間違いないので、ゴールドカードにする余裕がある方は、ぜひ持っておきたいところです。

ボーナスポイントも増量

ポイントという観点で言えば、前年の利用実績によってもらえるボーナスポイントもワイドゴールドカードのほうが多くなります。

前年度の利用額累計 ステージ 今年度の支払金額に応じたボーナスポイント
300万円以上 V3 50万円で300ポイント、以降10万円ごとに60ポイント
100万円以上300万円未満 V2 50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント
50万円以上100万円未満 V1 50万円で100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント


ボーナスポイントがもらえる条件は一般カードと同じですが、もらえるポイント数が変わってきます。
たとえば、V1の人だったら50万円利用で50ポイントだったのが、ワイドゴールドでは100ポイントもらえます。早い話が、もらえるポイント数が、単純に倍になるってことですね。年間で数百ポイントとはいえ、少しでも多くポイントをもらえる方がいいですよね。

飛行機によく乗る人もお得に

あと、よく飛行機に乗る人であれば、搭乗のボーナスマイルも見逃せないです。実は、ANAカード保有者は、ANA運航便(国内線の場合は他社運航便をANA便名で予約した場合も含む)に搭乗するたびに、ボーナスマイルが貯まります。その比率が、通常カードだと10パーセントのところ、ゴールドカードであれば25パーセントになります。4回同じ区間に乗ると、1回分タダでマイルをもらえる感じですね。頻繁に飛行機に乗る人にとっては結構大きな差ですし、たまにしか乗らない人でも、長距離国際線利用時にはかなりのボーナスマイルをもらえる場合もありますから、無視できないと思います。

気をつけてほしいのは、ボーナスマイルの計算の基準になるマイルは、区間マイルではなく、搭乗クラスや運賃倍率を基に計算した実際に積算されるマイルであること。つまり、割引運賃で乗った場合は、ボーナスマイルもその分少なくなるということです。積算率が50パーセントの運賃だとボーナスマイルも半分になるということですね。当然、マイルが貯まらない運賃で搭乗してもボーナスマイルは貯まりません!


その他のワイドゴールドカードのメリットとしては、空港のカードラウンジの利用が挙げられます。ただ、この前紹介したANAアメックスと違い、利用できるのはカード保有者だけで、同行者も利用しようとすると、料金を取られます。家族の方であれば、家族カードを作ることで利用できますが、年会費が4000円(税抜)かかります。ただ、今は昔と違って、家族であればANAマイルを合算して管理できるので、ご家族がいるのであれば、家族カードも発行しておいて損はないと思います。
その他、旅行保険の付帯や搭乗手続きの際にビジネスクラスカウンターが利用できるといったサービスもついていますが、マイルを貯めるという点とはあまり関係ないので、割愛します。

SFCメンバーを目指すなら見逃せない点

ここでやっとスーパーフライヤーズに関係する話です(笑)ブログタイトルにSFCとありながら、今まで全く触れてきませんでしたが、ここで少し話します。
スーパーフライヤーズとは、簡単に説明すると、ANAが用意している優良顧客向けのサービスで、条件をクリアしたANAマイレージクラブ会員が申し込むことでメンバーになれるというものです。

スーパーフライヤーズメンバーになる方法はただ一つ、飛行機に乗り倒すだけです!具体的には、プレミアムポイントというANAが設定しているポイントを50000ポイント貯める必要があるんですが、マイルと違って、プレミアムポイントは飛行機に(お金を払って)乗らないと貯まらないので、陸マイラーにはなかなかハードルが高いんですね。飛行機にたくさん乗る=お金がたくさんかかる!ですからね(笑)スーパーフライヤーズに関しては、詳しくはこちらを参照ください。


プレミアムポイントを貯めるために飛行機に乗りまくることを業界(笑)では「修行」って言うんですが、どうせ修行するなら少しでも安上がりにしたいと思いませんか?そこで活躍するのが、ANAのゴールドカードなんです。
どうやって飛行機に安く乗るか?いわゆる格安航空券を使えばいいと思うかもしれませんが、マイルと同様、安い航空券はプレミアムポイントの積算率が下がってしまうので、結果的に高くつく可能性が高いんです。じゃあ、どうするのか?ANAにはANA SKY コインというものがあるんですね。

「修行」に必須のSKY コイン

このSKY コイン、10ポイント当たり10円としてANA航空券やツアー商品の購入に使えるというもので、他のポイントやANAマイルからの交換で手に入れることができます。このマイルからの交換の際、持っているANAカードの種類によって交換比率が変わってくるんですね。

カードの種類 ゴールドカード 一般カード
交換マイル数 コイン数(レート)
1~9,999マイル 1~9,999(1倍)
10,000マイル 12,000(1.2倍)
20,000マイル 26,000(1.3倍)
30,000マイル 42,000(1.4倍)
40,000マイル 60,000(1.5倍)
50,000~200,000マイル 80,000~320,000(1.6倍) 75000~300,000(1.5倍)


ご覧のとおり、5万マイル以上の交換でゴールドと一般カードで差が出てきます。修行には大体40万から50万円ほどかかるのが一般的だと思うので、この違いは結構大きな差になってくると思います。さらに重要なのは、この修行中、当然お金(もしくはSKY コイン)を払って飛行機に乗るので、マイルも貯まるわけですが、それを修行に回すことができるわけですね。そこで、先ほどお伝えしたボーナスマイルが大きく効いてきます。ワイドゴールドカードだと25パーセントももらえるマイルが増えるわけですから、その分SKY コインに交換できるマイルも増えるわけですね。


マイルからSKY コインへの交換の際に気をつけないといけないのは、複数回に分けて交換する必要がある場合。たとえば、21万マイル以上交換する際に、先に20万マイル交換してから1万マイル交換すると、20万マイル分は1.6倍で交換できますが、1万マイル分は1.2倍になっちゃうんですね。それを防ぐには5万から20万マイルの間で分割して交換する必要があるので、どう分ければ最も交換比率がよくなるのかよく考えてから手続しましょう!

まとめ

ANA VISAワイドゴールドカードのメリットは、以下のような感じです。
1. マイル移行手数料が無料になり、ポイントの有効期限も3年に延長
2. 利用実績に応じてもらえるボーナスポイントが倍に
3. ANA便に乗るたびに25パーセントのボーナスマイルがもらえる
4. ANA SKY コインへの交換レートが優遇


ANA VISAワイドゴールドカードは一般カードに比べて年会費の負担は大きくなりますが、その分、マイルの利用や飛行機の搭乗の際には優遇される部分も多く、特にスーパーフライヤーズを目指す人には非常に心強いカードだと思います。以前ほどゴールドカード入会のハードルは高くないと思いますので、延滞などの問題がない方は申し込んでみてはいかがでしょうか?