ANA陸&空マイラーのSFCメンバーへの道

陸と空からANAスーパーフライヤーズを目指す! マイル、ポイントやひこうきなど

ANAが国際線航空券の国内線区間マイル積算率の改悪を発表!今後の積算率は?

こんにちは、ほしとです。ANAが2018年10月搭乗分から、国際線航空券の国内線区間搭乗時にもらえるマイルの積算率を改悪すると発表しました。今までであれば、積算率の低い運賃で搭乗しても、同時に発券された国内区間のマイル積算率は、最低100%でしたが、今後はブッキングクラスごとに細分化されることになります。

一応、マイル積算率の変更としか発表がありませんが、そのマイル積算率を基に計算されるプレミアムポイントも同様だと思われます。

当初2017年10月からと表記していましたが、正確には2018年10月からでした。訂正いたします。

今までの積算率

今までは、ブッキングクラスがFの場合のみ、国内区間のマイル積算率は150%で、それ以外は一律100%でした。

このため、マイルやプレミアムポイントを少しでも多く獲得するために、わざわざ沖縄発着の国際線航空券を発券し、沖縄から国際線出発空港までのマイル数を増やそうとする人もいました。国際線航空券の国内線乗継運賃は、通常の国内線運賃よりもはるかに安いので、お得に貯められたわけですね。今後はこの方法が実質無力化されます。国際線区間がファーストクラスであれば、今後も使えるかもしれませんが・・・。

今後の積算率

2018年10月以降搭乗分の国内線区間のマイル積算率は、以下の通りです。

国内線区間のブッキングクラス マイル積算率
F,A 150%
Y,B,M 100%
U,H,Q 70%
V,W,S 50%
L,K 30%

ご覧のとおり、LやKでは、70%も積算率が減ることになります。国際線区間と同様、安い運賃ほど積算率が少なくなるということでしょう。

今回の変更の要因として、考えられることはいくつかあります。払っている運賃に見合った積算率への変更という側面もあるでしょうし、本来乗らなくていい人のせいで、必要な人が乗れないという事態を避けるためだとも考えられます。わざわざ、国内区間を長距離路線で予約して、少しでも多くマイルやプレミアムポイントを獲得しようという人ですね。

沖縄―羽田のように、便数も輸送量力も多い区間であれば大した問題にならないでしょうが、宮古・石垣―羽田のように、便数・輸送力もあまり多くなく、かつ人気がある区間を、マイルを貯めるだけのためにわざわざ乗る人に使われたくない、ということですね。あくまで推測ですが・・・。

まとめ

今回は、2018年10月からANAの国際線航空券の国内線区間搭乗時に貯まるマイルの積算率が改悪されるという話題を紹介しました。

改悪と言っても、ある意味今までがおかしかっただけで、払った分だけマイルが貯まるという状態になったに過ぎないと思います。今後は今まで使えた裏技が今までほどお得ではなくなるので、搭乗の際は素直に乗る必要がある区間を予約しましょう。
land-sky-miler.hatenablog.com

Gポイント