ANA陸&空マイラーのSFCメンバーへの道

陸と空からANAスーパーフライヤーズを目指す! マイル、ポイントやひこうきなど

2018年のSFC修行に向けて その3 国内線?国際線?

こんにちは、ほしとです。今回も2018年のSFC修行について書きたいと思います。

前回はどのようなスタンスで修行に臨むのかを考えてみましたが、今回は、実際にどのように修行を進めるのかを具体的に考えていきたいと思います。

SFC修行、即ち、飛行機に乗ってプレミアムポイント(PP)を貯める時に、国内線に乗って貯めるのか、国際線に乗って貯めるのかは大きなポイントになります。もちろん、どちらもということもできますね。

国内線と国際線、それぞれのメリット・デメリットを挙げていきます。

それぞれのメリット・デメリット

国内線

国内線に搭乗してPPを貯める場合、選択肢として、普通席とプレミアムクラスがあります。どちらが良いかは別の機会に考えるとして、選択肢として2つあるというのは頭に入れておきたいところです。

国内線を利用してPPを貯める場合のメリットとして、

1. 気軽に修行ができる
2. 1フライト当たりの航空券代が比較的安価
3. 修行1回当たりの日数が少なくて済む
4. 言葉や治安面の心配がない

といったことが挙げられると思います。「国際線での修行に比べると」という条件付きではありますが、気軽にできるという点は大きいですね。日帰りでもできますし、場合によっては思いついたその日に修行をすることもできます。

一方、デメリットとしては、

1. 1フライトあたりでもらえるPPが少ない
2. 搭乗回数が多くなる
3. 修行の回数自体も多くなる

といったところでしょう。国内線は獲得PPが2倍になりますが、区間距離がもともと短いため、多くのPPを得るためにはどうしても搭乗回数が多くなります。

搭乗回数が多くなるということは、修行自体の回数も多くなるわけで、修行が長期化してしまう可能性もあります。ただ、毎週末修行ができるという人であれば、2か月もあれば十分必要なPPは獲得できると思います。

ひとつ気をつけないといけないのは、国内線でPPを貯める場合、ANAから直接航空券を購入しないと、ほとんどPPが貯まらないということです。旅行会社などでいわゆる格安航空券や、ホテルと飛行機がセットになったパッケージツアーを購入した場合、PPはほとんど貯まりません。貯まったとしてもかなり積算率が悪く、YPP(PP単価)が低くなってしまい、修行の効率が落ちます。

マイルを貯めるという目的であれば、むしろ旅行会社の利用はプラスに働くことも多いのですが、SFC修行においては話が別ということになります。旅行会社を通して航空券を買うメリットはまた別に機会にお話ししたいと思います。

国際線

国際線を利用してPPを貯める場合、まず航空会社をどうするか考える必要があります。ANAグループかスターアライアンス加盟航空会社かの選択となりますが、プラチナメンバーを目指すのであれば、最低25,000PPはANAグループ運航便で貯める必要があるので、注意が必要ですね。

航空会社以外では、搭乗クラスをどうするのかがポイントですが、ファーストクラスは全く価格に見合ったPPがもらえないため論外ですね。航空会社によってはビジネスクラスやプレミアムエコノミーも選択肢に入ると思いますが、基本的にはエコノミーが中心になるかと思います。いずれにしても、YPPを考慮して搭乗クラスを選択する必要がありますね。

では、国際線で修行するメリットですが、

1. 一度にもらえるPPが多い
2. 搭乗回数が少なくて済む
3. 修行回数が抑えられる

といったところでしょうか。いずれにしても、一度に大量のPPが稼げるところが国際線のメリットであり、それができないのであれば、わざわざ国際線で修行する理由はないと思います。もちろん、たまたま旅行に行くことになった場合など、修行自体が目的ではない場合はPPを貯める貴重な機会なので、有効活用しましょう!

一方デメリットですが、

1. 国内線に比べて気軽に利用できない
2. 航空券代が高くなりがち(ANA便でなければSKYコインが使えない)
3. 修行1回当たりの日数が多くなる可能性がある
4. 言葉や治安の問題が問題になる場合がある

という感じでしょう。金銭面やスケジュール面、治安の面で国内線よりはハードルが高いと思います。ひとつ、国内線とは違うのは、場合によっては旅行会社を通して航空券を購入した方がメリットが多いことがあります。

最近のいわゆる格安航空券は、航空会社の正規運賃である場合も多く、タイミングによっては同じ種類の運賃でも航空会社から直接購入するより安いこともあります。もちろん逆に高いこともあるので、両者の比較は必須です。さらに、旅行会社経由で買うと、ポイントサイトのポイントが結構貯まる場合もあり、結果的にマイルをより多く貯めることができるかもしれません。もちろん、PPとは別なので、あくまでマイルが貯まるというだけです。

割引運賃の場合、マイルやPPの積算率が70%以下の場合が多く、時には30%や全くたまらないこともありますが、実は、割引運賃でも積算率100%の航空会社もあります!もちろん全ての割引運賃ではありませんよ。それはまた別の機会に詳しく書きますね。

まとめ

今回は2018年のSFC修行を進めるうえで、国内線と国際線どちらで修行するのかがいいのか、それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。ちなみに、私は今のところ、半分国内線、半分国際線の予定でいます。文字通り修行のような旅程も含まれることになりそうですが、詳細が決まり次第、また書きたいと考えています。

ちなみに、前回の記事でも少し書きましたが、国際線を利用して修行する場合、行動を怪しまれるような旅程を組むのは避けましょう。取り調べを受けるようなことになっても何にも良いことないですからね!

毎日貯まるポイントサイト ECナビ