ANA陸&空マイラーのSFCメンバーへの道

陸と空からANAスーパーフライヤーズを目指す! マイル、ポイントやひこうきなど

ANA VISA nimocaカード誕生!ソラチカルートに次ぐルート誕生か?

f:id:Horts:20171214230421j:plain こんにちは、ほしとです。ANAから新しいANAカード、ANA VISA nimocaカードの誕生が発表されました。それに合わせ、入会キャンペーンも実施中です。nimocaが何か全く分からないのですが(笑)、ANAマイラーにどんな影響があるのか調べてみました。

ANA VISA nimocaカードとは?

まずはカードについてご紹介します。

カード概要

f:id:Horts:20171214225844j:plain 基本的には、ANA VISAカードにnimocaが搭載されていると考えていただければ間違いありません。ANA VISA Suicaのnimoca版ですね。三井住友カードが発行のため、マイ・ペイすリボ登録&利用で年会費が安くなります!年会費は751円+税で、持っているだけで毎年1,000ANAマイルがもらえるため、それだけを目的に保有するのもありだと思います。

nimocaとは?

さて、ANAカードとして見ると、他の三井住友カード発行のカードと差異はありませんが、そもそもnimocaとはなんなのか?というのが多くの方にとって疑問だと思います。私も全く知りません!

ということで、調べてみたところ、九州+なぜか函館を拠点とした交通系電子マネーで、全国相互利用にも対応しています。使い方自体はSuicaやICOCA、PASMOと同様で、交通機関のほか買い物でも利用できるチャージしてから使うタイプの電子マネーです。利用するとポイントが貯まるんですが、このポイントには2種類あるようで、それがANAマイラーにとっては非常に重要な点です。それは後ほど詳しく書きます。

貯めたポイントをANAマイルへ!

このANA VISA nimocaカードですが、クレジット利用で貯めたポイントのほか、nimocaの利用で貯めたポイントもANAマイルに交換ができます。そのレートが、10nimocaポイント→7マイルです。nimocaポイントの価値が分からないとこのレートがいいのか悪いのか判断できませんが、1nimoca=1円と考えて問題ないので、0.7倍の交換レートということになります。

このレートがすごいんです!通常、ポイントサイトからANAマイルに交換すると、0.5倍での交換、ソラチカルートだと0.9倍での交換となります。つまり、ソラチカルートに次ぐ高倍率交換が可能なルートが新たにできたということです!nimocaルートと名付けましょう。

大切なことは、ソラチカルートには、1か月で20,000メトロポイント=18,000マイルという交換制限がありましたが、このnimocaルートは今のところ制限がありません!もしソラチカルートでは交換できないほどの大量ポイントを交換したい場合は、このnimocaルートを併用することで、今まで0.5倍で交換せざるを得なかったポイントを0.7倍のレートで交換できるようになるわけですね。

ただし、このポイント交換には大きな落とし穴があります。しつこいようですが、それはまた後ほど。

新規入会キャンペーン

ANA VISA nimocaカードの誕生を記念して、ANAと三井住友カードがそれぞれキャンペーンを実施しています。一部重複していますので、ご注意ください!

ANA実施キャンペーン

手抜きで申し訳ないですが、詳細は下記バナーをクリックしてご覧ください(笑)

20171214231721

三井住友カード実施キャンペーン

手抜きで申し訳ないですが、以下同文(笑)。なお、一部重複している部分があるので、7,000マイル+32,000マイルの計39,000マイルが貯まるわけではありません!

20171214231933

ANA VISA nimocaカードの活用方法

さて、ANAマイラーとして気になるのは、このカードがどのように使えるのか?という点だと思います。クレジットカードの部分に関しては他のANAカードと同様なので、主にポイントの面で考えてみます。

ポイントの貯め方

クレジットカードポイントではなく、nimocaポイントについて考えます。クレジットカードポイントについては、ANA VISA Suicaと同様だと考えていただいて問題ありません。nimocaへのクイックチャージやオートチャージでポイントが貯まります。チャージ方法については詳しくはこちらをご覧ください。

さて、nimocaポイントです。ANAマイルへの交換倍率はすでにお伝えしたように0.7倍です。では、どうやって貯めるのかですが、まずは↓をご覧ください。

f:id:Horts:20171214225531j:plain

まず、ポイントにはカードポイントとセンターポイントがあることが分かります。この違いですが、電車・バスを利用した際に貯まるのがカードポイント、それ以外がセンターポイントだと考えればいいと思います。

ここで非常に重要なのが、実はANAマイルへ交換可能なのはセンターポイントだけなんです!↓の画像の右下を見てください。小さいですがはっきりそのように書かれています!

f:id:Horts:20171214225550j:plain

つまり、電車やバスの利用で貯まるポイントはANAマイルに交換できないということですね。これがソラチカカードとの大きな違いです!ソラチカカードの場合、東京メトロの利用でかなりポイントが貯まるんですが、それができません!これはnimocaエリアにお住まいの方からすると、かなり残念な点ではないでしょうか。もっとも、ポイント交換ルートを確保する目的で所有する場合にはあまり問題にならないですね。

各種ポイントをnimocaポイントに交換する

実は、各ポイントサイトからnimocaに交換することができます。だからこそ、nimocaルートなんですね。

今のところ交換できる主なポイントは、Gポイント、PeX、ネットマイルです。私はどのポイントサイトもかなりのヘビーユーザーなんで、非常にありがたい限りです。

で、気になるのは、これらのポイントサイトからの交換で得られるnimocaポイントをANAマイルに交換できるのか?ですね。Gポイントのサイトには、はっきりとセンターポイントと記載がありました。ネットマイルの場合は、交換できるカードがスターnimocaもしくはクレジットnimocaと表記があるため、上の「ポイントのつき方」の画像を見る限りは、センターポイントだろうと予想できます。

PeXですが、特に交換後のポイントについて記載がありませんでした。おそらく、センターポイントだとは思いますが、気になるようでしたら確認した方がいいかもしれませんね。

そもそも、nimocaの公式サイトにしっかりとそのあたりの説明があればいいのですが、まったく記載がありません!ANAと提携したものの、nimoca経由でANAマイルに交換する需要があるということをおそらく理解していないんでしょうね・・・。

ANAマイルへの交換方法

さて、nimocaポイントをどうやってANAマイルに交換するのかですが、これが問題です。メトロポイントのようにインターネット上での交換は不可で、街に設置されているポイント交換機でのみ可能!このあたりの情報が少なすぎるんですよね、nimocaの公式サイトは。一応、↓のような記載を見つけたので、間違いないですが、これを探すのにどれだけ時間がかかったことか(笑)

f:id:Horts:20171214225608j:plain

さて、上の画像の「nimocaポイントからANAマイルへの交換はこちら」をクリックすると、このページが開くんですが、そこにポイント交換機の設置場所の記載があります。もう画像を張り付けるのが面倒なので(笑)、申し訳ないですが実際に開いていただきたいのですが、ポイント交換機の写真が2つ表示されます。ひとつはANAマイルに交換できるポイント交換機、もうひとつはカードポイントのみ交換できるポイント交換機です。さてみなさん、どちらの機械がどこに設置されているか読み取れますか?わからないですよね?(笑)もう本当に勘弁していただきたいです!このポイント交換機設置場所一覧を見て函館に行ったものの、カードポイントしか交換できない機械しかなかったらどうするねん?っていう話ですよ。私の予想では、★マークがついているクイックチャージができるポイント交換機がANAマイルも交換可能なんじゃないかと思っていますが、わかりません。ほしい情報がなかなか得られないようなサイトを作っているようだと、今後が心配ですが、まあ仕方ないですね。

少なくともわかっているのは、nimocaポイントをANAマイルに交換するためには、ポイント交換機での手続きが必要で、九州と函館にしか設置がなさそうだということ。つまり、ほかの地域に住んでいる人には非常に使い勝手が悪いということですね。もっとも、nimocaポイントを貯めること自体が、ほかの地域ではできないようなので、仕方ないことだとは思います。

ANA VISA nimocaカードを持つべきか?

結局のところ、九州や函館に住んでいる人には有用なカードだと思いますが、他の地域の人にとってはいかがでしょう?私は、安い年会費を払って保有しているだけで毎年マイルがもらえるのであれば、十分持っている価値はあると思います。その上で、必要に応じて(九州や函館に行った際に)ソラチカルートで交換できないポイントを交換するという使い方をすればいいのではないでしょうか。年会費はわずか751円+税ですからね。

しかも、今だったら入会キャンペーンで大量ポイントゲットのチャンスでもあります!このページに張っているバナーからも申し込みできますので、申し込んでみてはどうですか?私も申し込みます。ちなみに、このページのバナー経由で申し込んでも、私には文字通り一銭もお金は入ってこないので、ご安心ください(笑)

せめて、ソラチカカードと同じように交通機関の利用でポイントが貯まればいいんですけどねー。

まとめ

今回は、先日発表されたばかりのANA VISA nimocaカードをご紹介しました。公式サイトの情報が分かりにくすぎるため、一部情報に誤りがあるかもしれませんが、その際はご連絡いただければ幸いです。

とりあえず、ソラチカルートに次ぐ高倍率交換ルートができたのは歓迎すべきことですので、とりあえずカードは作っておいて損はないと思います。ただひとつ心配なのは、交換レートがソラチカカードと同じ0.9倍ではなく、0.7倍であること。まさかソラチカカードの交換倍率も近々同じになるなんてことはないですよね・・・。

今回紹介したnimocaポイントへ交換可能な各ポイントサイトですが、↓のバナーから登録可能です。ネットマイルに登録の際は、姉妹サイトのすぐたまから登録していただくと便利です。もしまだ登録されていないのであれば、この機会にぜひどうぞ!
Gポイント 無料ですぐ貯まる!ポイントサイトすぐたま

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス